カレーが次の日固まる理由は?対処法はあるの?

「あなたの好きな食べものはなんですか?」と問われればこう答えます。

「カレーです」と。

私の好きな食べ物のトップに君臨するカレーですが、外で食べても美味しいし、家で作ったカレーも美味しい、暑い時期に食べても美味しい、寒い時期に食べても美味しいので常に選択肢の筆頭にいます。

また、カレーを作るのは比較的カンタンで、冷凍しておけば困った時にレンジで温めて食べれるから作りおきにも最適です。

そんなカレーですが、作った次の日に食べると食材の味がさらに染み出し、より美味しいカレーになるわけですが、実際に温めようとすると固まっているのを見たことありませんか?

水分が少なってそのまま温めて焦げるので大丈夫か不安になったことがある人もいるかと思います。

今回はそんな次の日のカレーを固まる理由、解消方法、さらに翌日以降のカレーのアレンジ方法を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

カレーが固まる理由は?

カレーが固まる理由はカレーの中ででんぷんが固まって起こる現象です。

 

じゃがいもをカレーに入れることでカレーの辛さを調整する役割を果たすだけではなく、煮込むことで旨味をカレーにもたらしてくれるという大事な存在です。

また、カレーにとろみを付けるためにカレールーにでんぷんが含まれています。それが冷めることによってカレールーが翌日固まってしまうのです。

 

対処法はあるの?

でんぷんが固まらないようにしてくれる魔法の食材があります。

それは、「はちみつ」です。

はちみつの中にある糖分がカレー内にある水分に溶け出すことで次の日にカレーが固まることを防いでくれます。

もし、これまで「次の日カレー」を温める際に水でルーをのばしていた方が見えたら、仕上げにスプーン1杯のはちみつをカレーに入れてみてください。味を損なわずに「次の日カレー」を味わうことができます。

また、カレーではなくシチューやハヤシにも効果があるのでお試しください。

 

次の日のアレンジ方法!

はちみつを入れると固まらなくなるカレーですが、アレンジを加えることで、さらに美味しいカレーに変身します。その方法は、

  • 牛乳を入れて伸ばす
  • ヨーグルトを入れて伸ばす

といった方法があります。

 

まず牛乳を入れてカレーを伸ばすとまろやかな「次の日カレー」になります。

ヨーグルト入れて伸ばと少し酸味の効いたカレーになるので、酸味の効いたカレーが好みの方はヨーグルトがオススメです。

しかし、スパイシーなカレーが好きな方だと少し物足りなくなるので、お好みの方法で温めたほうがいいかもしれません。

 

さらにアレンジ方法として、違う料理に変身させてしまう方法もあります。主なアレンジ料理として、

  • カレーうどん
  • カレードリア
  • カレーコロッケ

などが挙げられます。

カレーうどんにする時は少し出汁と割ってカレーをのばし、茹でたうどんにかければ簡単と美味しいカレーうどんになります。

 

カレードリアはグラタン皿にバターを塗り、ご飯を入れ、かけたカレーの上にチーズを乗せてオーブンで焼けばこれまた簡単にカレードリアが完成します。

 

カレーコロッケの場合は残ったカレールーの水分が多いと具材にはなりにくいので、じゃがいもを追加するなど水分を少なくする必要があります。

もともとカレーの味がするので味付けの必要もなく、衣をつけて揚げれば簡単に美味しいカレーコロッケが完成します。

 

どれも簡単に作れることから、予めカレーを余分に作っておいて、翌日以降のアレンジレピシに活かす方も多いのではないでしょうか。

 

「次の日のカレー」を満喫しよう!

様々な方法を使うことで次の日のカレーが楽しめるようになります。

  • 次の日のカレーが固まって困っている人は、仕上げにはちみつをスプーン1杯入れる。
  • 牛乳やヨーグルトを入れてカレーを温め直すことでより美味しい次の日カレーに。
  • カレーうどんやカレードリア、カレーコロッケなどお手軽アレンジで次の日の料理も楽ちん。

上記以外にも「次の日カレー」を楽しむ方法は、たくさんあります。

 

しかし、「次の日カレー」を楽しむには注意点もあります。それは、カレーの保存方法です。

この時期、涼しいからといって鍋のまま常温で保存するのはご法度で、食中毒の原因にもなります。

また、常温保存はカレーが早く腐ってしまうので注意が必要です。

作ったカレーは鍋から取り出し、

  • 冷蔵庫での保存なら3日程度
  • 冷凍庫での保存なら1ヶ月程度

上記を目安に管理するのが良いとされています。

 

食料管理の目安にしてくださいね。

 

老若男女問わずみんなに愛される、もはや国民食といってよいのではないかと思うカレー。

辛いカレーが好きな方、辛さ控えめのマイルドカレーが好きな方、トッピングで楽しむ方など十人十色のカレーの楽しみ方があると思いますが、これだけは確実に言えるのではないでしょうか。そんなみんなの思いを代弁したいと思います。

「次の日カレー最高!」