飲むカレーはごはんやパンと合う?再販はいつなの?

「あなたはカレーを飲み物だと思いますか?」

そんなことを聞かれた方もいるかもしれません。

普通に考えるとカレーを飲み物として考えると、具材が喉にひっかかって、窒息する可能性があります。だから私は飲みません。食べ物です。

 

しかし、なんと「カレーは飲み物」を実現した商品が開発され、さらに人気が爆発し発売2周間で完売してしまい現在は入荷待ちとなっているようです。

飲むカレーとはいえカレーに変わりはないので、ごはんやパンに合うと思いますが、実際はどうでしょうか?気になって仕方ありません。

今回は飲むカレーについて調べてみたので紹介していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

飲むカレーとは?

実際のカレーとは違い缶に入った飲むカレー。

フェリシモから発売された「フェリシモ神戸発 飲むカレー CARRY CARRY」がそれです。

デザインストラテジストである太刀川英輔が代表を務めるNOSIGNERとフェリシモが共同開発を行った商品です。

ちなみに太刀川英輔社長が日頃からレトルトカレーを飲み物として摂取していたことがきっかけとなり商品化につながったとのこと。

ほんとにカレーを飲み物として扱う人っているんだ・・・。

CARRY CARRYはスクリュートップがついた缶に入ったカレーでスープに近い位置づけになりそうです。

缶に入っていることから持ち運びも便利で、ランチの相棒にもピッタリです。

味はもちろんカレー味ですが、常温でも美味しく飲めるようにトマトピューレを使用したトマトカレーになっています。

作りはかなり凝ったものになっているとのこと。

私、説明を読んでいるだけでよだれが出てきそうです。

 

ちなみに値段は3缶セットで1140円(税抜き)となり、缶の飲み物として考えたら少し値段は高く感じるかもしれませんが、カレーだと思ったら400円弱ならそこまでの値段の高さではないように感じます。

 

ごはんやパンと合う?

カレーって単品で食べることはあまりありませんよね。

カレーの相棒はご飯であったりパンであったり、ナンであったりします。

じゃあ飲むカレーもごはんやパンに合わせて飲めば、食事としても成立するのではないかと考えています。

だってカレースープですもん。

缶で発売されているものにコーンスープがありますが、あれって完全にパンの相棒になりますよね?

それと同じだと思っているのは私だけでしょうか。

 

飲んでみた人の感想としては「中辛」くらいの辛さとのことで、子供には少し辛いくらいの辛さだそうです。

値段的にも大人の飲み物となっているようです。

 

再販はいつなの?

話題性の高い飲むカレーですが、現在は売り切れの入荷待ち状態が続いているようです。

すぐに飲んでみたいあなた、いつ再販するか気になるところだと思いますが、調べてみる、

再販は3月頃だそうです。まだまだ先ですね。

再販の目処がある程度立てば、予約を受付するとの情報もあります。

仮に噂通り3月に再販されたとしてもまだまだ先になりますので、首を長くして待ちましょう。

 

まとめ

「カレーは飲み物」を実際に実現してしまった「フェリシモ神戸発 飲むカレーCARRY CARRY」

  • 話題沸騰で発売から2週間で完売。現在は入荷待ちで、再販は3月頃?
  • スープ感覚で楽しめて、常温でも美味しく飲めるトマトカリー味。
  • スクリュートップの缶に入っているから持ち運びが便利。
  • スープ感覚で楽しめるからご飯やパンにも合う。
  • 辛さは「中辛」程度の辛さで、子供は飲むのが少し厳しそう。

 

情報では違うテイストのものが発売されるかもしれないとのことなので、それも楽しみでしかありませんね。

 

カレー好きな私。スープカレーも好き。カップヌードルの選択第一候補はカレー味。

それくらいカレーが好きなので、もし再販されたらぜひ購入してみたいと思います。

手軽に楽しめるということでアウトドアブームな昨今、アウトドアシーンでも活躍しそうですよね。

あと、カレーということで、小腹が空いた時に飲むことによって一定の満足感が得られるのではないかと考えています。仕事をしている時ってお腹がすきますもんね。

 

仕事中の水分補給(?)に飲むカレーを飲めば、誰もカレーを摂取しているとは思わないでしょう。

カレーがほしい時に好きなタイミングでカレーを摂取することができる。これってカレー好きにとっては理想的な商品ですね。

まさかカレーとコーヒーを同列で語る日がくるとは夢にも思いませんでした。飲むカレー、バンザイ。

この人気にあやかり、各社から飲むカレーが発売される日も遠くないかもしれません。

そうなれば、コーンスープと並ぶ冬の人気商品になるかもしれませんね。

 

でもカレーはそのスパイシーさから夏場に食べる機会も多いので、コーンスープを超える存在になりえますね。

飲むカレー、この商品に続いてこれからも夢のような商品が登場することを切に願っております。