ファンタスティックビーストのブローチは何?破れぬ誓いとは?

こんにちは!

ファンタスティックビースト2の中で冒頭から出てきたブローチのようなものですが、グリンデルバルドはそれを大事そうに持ち歩いていましたね。

実はこのブローチにはある秘密が隠されています。

今回はブローチについて焦点を当てて説明していきます。

 

スポンサーリンク

ブローチは何?

 

グリンデルバルドは小さなブローチを作中、肌身離さず持っています。

集会の時も胸につけて話していましたよね。

光り物が好きなニフラー(カモノハシみたいな動物)が途中にグリンデルバルドの懐から盗んだことで、ニュートがダンブルドアに届けます。

このブローチは実は「破れぬ誓い」によって誓った時の血が入っているのです。

破れぬ誓いとは?

ハリーポッターと謎のプリンスに登場した誓いのこと。

謎のプリンスではマルフォイの母ナルシッサとスネイプがマルフォイを必ず守るという誓いを立てていて、血は取り出していなかった。

破ったら死んでしまう。

ハリーポッターシリーズにも密かに登場しているのですが、あまり出番はないのでスルーしていた人も多いかもしれません。

しかし今回は「破れぬ誓い」は重大な役割を果たしています。

なんたって二大勢力であるダンブルドアとグリンデルバルドを戦えなくさせているのですから。

2人がたてた誓いとは?

ダンブルドアとグリンデルバルドは「破れぬ誓い」をたてています。

それは「誓い以降、絶対に戦わないこと」です。

なぜ誓いをたてたのか詳しくはこちらの記事で書いています。

✔ファンタスティックビーストのクリーデンスはダンブルドアの親戚?【解説】

なのでダンブルドアは、グリンデルバルドが勢力を拡大しながらも直接対峙することはありませんでした。

そしてグリンデルバルドも同じく、ダンブルドアと対峙していません。

しかしグリンデルバルドの場合は、クリーデンスを使ってダンブルドアを殺そうと企んでいます。

 

誓いは破れないの?

基本は破れません。

なので映画の最後の方で「壊せる」みたいなことをダンブルドアが言っていましたが、

それじゃあ"破れる"誓いなのでは?と思ってしまいました。笑

ちなみにマナルシッサとスネイプは特に形(ブローチのような)にしてはいなかったようなので、ハリポタとは少し設定が違うのかもしれません。

 

ちなみに謎のプリンスでは最後までスネイプはマルフォイを守っていますし、その後スネイプは死んでしまいますので、契約は無効になった可能性が高いです。

 

二人は再び戦うのか?

一応ダンブルドアとグリンデルバルドは親友でしたので、ここまで憎しみ合うとは驚きです。

しかし次回作ではダンブルドアとグリンデルバルドは再び対峙しそうな気はしますね~。

ハリーポッターより時系列は先で、なおかつ二人とも生きているので

引き分けとなる可能性は非常に高いです。

ちなみにグリンデルバルドはハリーポッターシリーズにおいて

・ヴォルデモートがニワトコの杖のありかをグリンデルバルドに聞いてるシーン(inアズカバン)

・ニワトコの杖を盗んでいった若き頃のグリンデルバルドのシーン(時系列はファンタビより前)

で登場しています。

意外と出ているんですね~。

 

次回作もどうなるかとても楽しみです!

[box06 title=”あわせて読みたい”]

ファンタスティックビーストのクリーデンスはダンブルドアの親戚?【解説】

[/box06]