ホームアローン3のアリスや泥棒たちを解説!トラップ一覧も!


『ホーム・アローン』シリーズを、いまや1度も目にしたことがない方は少ないのではないでしょうか。マコーレー・カルキンが演じる小生意気な男の子、ケビンが、2人組の泥棒を家中に仕掛けたトラップで撃退するホーム・コメディ映画です。

1、2ともに、地上波のテレビで何度も放映されており、泥棒のドジさと、ケビンの痛快なトラップが爆発的な人気を呼びました。

3はケビンと交代し、同じくシカゴに住む男の子、アレックスが主役となります。

また、泥棒もおなじみのハリーとマーブのコンビから一変、男3人と女1人の4人組とパワーアップしました。パワーアップしたのは人数だけではありません。『ホーム・アローン』1と2に出てくるハリーとマーブは、民家の金目の物を盗むケチな泥棒でしたが、この4人は、FBIが数年間にわたり追ってきた、プロの犯罪者集団です。

 

『ホーム・アローン3』に出てくる泥棒は、泥棒というよりも「犯罪者集団」です。今回は、米国空軍の超機密ミサイルの情報が入ったマイクロチップを盗み出し、香港で待つ国際テロ組織に受け渡す仕事の途中でした。

空港の搭乗チェックをかいくぐるために、オモチャのラジコンカーにマイクロチップを仕込んだ彼らですが、荷物の取り違いが起こってしまいます。ラジコンカーは、近所の婦人から、主人公アレックスへ渡ります。

アレックスは、水疱瘡にかかってしまい自宅で数日休んでいましたが、その際、近所の家に忍び込む彼らを目撃。警察に通報するも、彼らにすんでのところで察知され、2度逃げられてしまいます。警察も家族も、すっかりアレックスの悪質ないたずらだと思いこみ聞く耳を持ってくれなくなってしまいました。

しかし、アレックスは「発明好き」な男の子。彼らの盗みの証拠を掴もうと、ラジコンカーにビデオを仕込み、証拠を掴もうと行動に出ます。

彼らが近所を家探ししている様子を録画することに成功しましたが、ラジコンカーに気づかれてしまいます。目的のラジコンカーであることと、そこに設置されたビデオカメラに気づいた泥棒たちが躍起になって追いかけてくるのをなんとか逃げ切ったアレックスですが、ついに、アレックスがラジコンカーを持っていることが彼らに突き止められてしまいました。

大人は誰も信じてくれない。それならば、自分が戦うしかないと、アレックスは準備を始めます。

 

スポンサーリンク

ホームアローン3の泥棒たちを解説!

『ホーム・アローン3』の泥棒たちは、人数も技術も格段にパワーアップしたプロの冷徹な犯罪者集団たちです。ハイテクな道具や知識、手際の良さを持った4人がチームワークで連携し、7年もFBIの操作を逃れるほどの集団でした。

まずは、彼らを解説していきましょう。

ピーター・ボープレー

リーダー格の男。冷静で、他の3人をまとめ上げています。アレックスに通報され警察に踏み込まれた際は、階段の裏に忍者のように張り付くなど、身体能力の高さも見せました。

 

アリス・リボンズ

グループ唯一の女。美人ですが冷酷な様子で、アクロバットな動きも得意です。

 

アール・アンガー

長髪で筋肉質な男。腕にびっしりタトゥーが入っています。やや短絡的なところがあ

 

バート・ジャーニガン

クールな雰囲気の男。アレックスの母が、アレックスの友人宅にかけ直した電話を自分たちの電話へ切り替えるなど、ハイテクな技術でサポートしている様子がありました。

 

トラップ一覧!

 

犬に転ばされる

近所をうろつく際のカモフラージュとして、アリスは、近所から大型の犬を盗んで散歩させています。犬はアレックスの友人の飼い犬。まず犬を開放するために、やってきたアリスの足に、犬笛(犬には聞こえるが人間には聞こえない音が出る特殊な笛)で巧みに犬を動かし、リードを絡ませます。

最後は思いっきり吹いて、駆け出した犬にアリスは転ばされ、数メートル引っ張られ無様に転がる羽目に。憮然と帽子を拾おうとかがんだ瞬間にズボンが破れるなど、犬が大嫌いなアリスにとって、屈辱的なジャブとなりました。

 

電気イス

裏口にやってきたジャーニガンですが、子供だと油断しきりながらイスに座った瞬間、大量の電流が流れます。おまけに、腰につけた銃の薬莢に通電し、爆発した勢いで勢いよく正面の壁に叩きつけられ、またイスに戻されるという往復まで食らってしまいました。

 

電気フェンス

上記のイスと時を同じくして、アンガーも電気のトラップに引っかかります。子供の字で「危険!感電注意」と書かれた赤い毛糸で作られた警戒線に、子供だとバカにしながらペンチを入れた瞬間、毛糸に隠された本当の電線から高圧電流が流れます。

ペンチを介して感電し、ロングヘアーが爆発したと思いきや同じく腰につけた薬莢に感電。お尻が丸出しになってしまいました。

ビー玉トラップ

電流に完全に頭に来たアンガーは、電線を勢いよく飛び越えますが、着地点には、大量のビー玉の上に板が乗せられたトラップが、雪に覆い隠されて潜んでいました。

豪快に滑って、そのまま玄関のドアに激突し、ひっくり返ってしまいます。

 

入り口の2重トラップ

玄関先でさんざん罠を食らってひっくり返るアンガーのもとへ、呆れた様子でやってきたリーダーのピーター。ドアにも仕掛けがあると予想したところ、貼られたワイヤーに気づいてしまいます。

その先をたどると、ドアを開けたら落ちてくるようセットされたバーベルが。しょせん子供の考えることだとそのワイヤーをナイフで切りますが、アレックスのほうが上手でした。

ワイヤーが切られたら作動するように仕組まれたもう一つのトラップが作動し、二階から勢いよく本の詰まったトランクが落ちてきて、ピーターとアンガー揃ってまともに食らってしまいました。
よろよろと起き上がるも、アレックスの手動起動で、先程作動させずに終えたはずのバーベルも落下し追い打ちとなります。

 

水攻撃

一方、電気イスから起き上がったジャーニガンは、警戒しながら裏庭を探ります。と、服にひっかかった釣り針で放水が作動。

吹雪の中、大量の水を浴びせられます。慌てて止めようと蛇口を回すと、今度は股下の蛇口から勢いよく放水されてしまいます。

 

ドアにクギ

ドアを蹴破って侵入しようとしたピーターですが、ちょうどスネのあたりを狙って打ち込まれたクギに足が命中してしまいます。

 

顔面にしっくい

同時に窓から侵入しようとしたアンガーが、勢いよく窓を開けると、そこにはニヤニヤと笑うアレックスが。

袋に入ったしっくいがパチンコで飛ばされ、思いっきり顔面に食らって弾き飛ばされました。

ちなみに漆喰(しっくい)とは、壁に塗る塗料のことです。

 

接着剤の缶と泥沼

アリスは裏から侵入するため門を開けようとしますが、勢いよく手を突っ込んだところへ接着剤が大量に入った缶が仕掛けられており、ねばつく缶に軍手を取られてしまいます。

しかしアクロバットが得意なアリスは、門を乗り越え侵入。と思いきや、着地点は泥沼にされており、足がはまってもがついている所へ植木鉢が落下し、頭に食らって泥沼へ思い切り正面からダイブしてしまいました。

なんとか起き上がり一歩ずつ進みますが、また足を取られ今度は背中からダイブ。全身真っ黒になったところに、2つめの植木鉢トラップが落下します。

 

目にスプレー

ドアの郵便受けから、怒り心頭の状態で中を警戒しているピーターへ、したり顔のアレックスが浴びせたのは黒のスプレー。ピーターはさながら「マスク・ド・ゾロ」のようにペイントされてしまいます。

 

芝刈り機

納屋へ侵入したジャーニガンは、上の棚から見える子供の足を発見。捕まえたと思い切り引っ張ると、芝刈り機が作動しながら落ちてきました。

クールに決めていたジャーニガンの頭頂部を、刈り込みながら。

 

窓が急に閉まる

窓から慎重に侵入しようとするアンガーですが、ややドジな彼は、定規のつっかえが取れて窓が勢いよく閉まるというトラップにも気持ちよく引っかかってしまいます。

 

パンチングマシーン

ドアを開けると子供の声がする人形が作動するトラップに呼ばれ、勢いよくクローゼットのドアを開けたピーターですが、そこにはパンチングマシーンが仕掛けられていました。

股間を殴られ呆然と尻もちをついた瞬間、持っていたショットガンが暴発。役立たずとなってしまいました。

 

接着剤ボックス

窓から侵入したアンガーが着地した足元には、車輪付きの収納ボックスが置いてありました。しかも、中には接着剤がたっぷり仕込まれています。

そのため、抜けずに靴のように履いて歩く羽目になってしまいました。

 

底抜け

二階の窓が開いていたため、侵入経路を見出したジャーニガンは、物置から脚立を持ち出し侵入します。それを察知したアレックスはその部屋へ。

侵入したジャーニガンと鉢合わせし、ジャーニガンは飛び込みますが、そのフロアは改装中で階下まで底抜けとなっていました。薄いベニヤ板を踏み抜き、数階落下してしまいます。

 

階段の落とし穴

裏口のトラップを警戒しながら進むアリスは、階段にも何か仕掛けられているであろうと予想。アクロバットが得意な彼女は、手すりを使い新体操のように階段を踏まずに飛び越えようとしますが、仕掛けがあったのはその手すりでした。

切れ込みが入れてあったため、体重をかけた瞬間分解して豪快にひっくり返ってしまいます。本気を見せて華麗なアクロバットでデッキに降り立った彼女ですが、今度はそのデッキがトラップでした。

板が忍者屋敷の壁のように開いて、落とし穴になっており地下へ落ちていきます。アリスの悲鳴を聞いて様子を見に来たピーターも、同じトラップに引っかかりアリスの上へ落ちていきました。

階段落下とネズミ取り

ローラースケートを履かされた状態のアンガーは、足元に仕掛けられた板にひっかかり勢いよく地下室への階段を落下。転びはしなかったものの、手をついた先に置いてあったネズミ取りに手を挟まれ、痛みのあまりに持っていた拳銃を発砲してしまいます。

弾丸は天井を打ち抜きますが、撃った場所が悪かったようです。そこはトイレ。落ちてくる茶色い何か。先程まで痛みに暴れていたアンガーが、一気に静かになってしまいました。

 

股間を殴打

電気イスで開いたジャーニガンの股間に、アレックスの飼っているネズミのドリスが侵入。気づいたアリスが、退治しようと思い切り、振りかぶった棒で殴打します。

当然ドリスは逃げ、そのまま強烈な殴打を食らわせてしまい、まるでソプラノ歌手のような悲鳴がこだましました。

 

トランポリン

2階から瞬時に下に逃げたアレックスを追い、下を覗き込んだ彼らはトランポリンに気づきます。きっとあれを使い飛び降りたのだろうと、アンガーとジャーニガンが飛び降りますが、トランポリンは弾まず底が抜けるようになっており、抜けた下は凍ったプール。

薄い氷が割れ、吹雪の中落とされて身動きができなくなってしまいました。

 

エレベーター

残ったアリスは、荷物用の小さなエレベーターの存在に気づきます。ですがこちらも底が抜かれており、気づいた瞬間にはもう遅く、そのまま下へ落下してしまいました。

ニセの銃

泥棒たちに監禁されていた向かいの婦人を助けに行ったアレックスですが、そこに待ち構えていたリーダーのピーターに捕まってしまいます。

銃を向けられ絶体絶命のアレックスでしたが、ピーターが手にしていたのは、途中でうっかり取り間違えてしまった、自分のオモチャの銃であることに気づきます。ピーターの持っていた本物はこれだと銃を向け、追い払うことに成功したアレックス。

彼の持っていた銃も、もうひとつのオモチャの銃でしたが。

 

花火爆弾

逃げてアレックスの作ったかまくらに隠れていたピーターですが、そこにやってきた兄のインコ。くちばしにはマッチを咥えていることに気づきあたりを見回すと、そこには大量に仕掛けられた花火が。

FBIにバレまいとインコにお菓子のクラッカーを差し出しますが、「2枚よこせ」と強気のインコ。

1枚しかないんだと言った瞬間、インコはマッチで点火し、隠れていたピーターもあえなく捕まってしまいました。

おみやげ

エンディングでは、捕まった泥棒4人が写真撮影されていますが、全員の顔には、アレックスと同じ赤いブツブツが。すっかりボロボロですが、追い回しているうちに、アレックスの水疱瘡がうつってしまったのでした。

 

まとめ

『ホーム・アローン3』を、観たことがある方もそうでない方も、今一度見返したくなったのではありませんか?

1と2のオマージュ要素もありつつ、全く新しいキャストたちによる『ホーム・アローン3』もまた、傑作の一つなのです。