ロキソニンの副作用で腹痛がする?解決方法はあるの?

いきなりですが、私、頭痛持ちなんです。

天候が悪かったり、体調を崩すとすぐに頭痛が出現します。頭痛が現れると何も手がつかなくなり、仕事や家事に悪影響しかありません。

そんな時にお世話になるのが痛み止めの薬ではないでしょうか?

現在はさまざまな痛み止めがドラッグストアなどで売られています。また、病院を受診したときに処方される痛み止めもあるので、その種類は様々です。

 

そんな痛み止めの中に「ロキソニン」という痛み止めがあります。様々な痛みを抑えてくれる薬として抜群の知名度を誇っています。もしかしたら、ロキソニンにお世話になった、なっている方も多いかもしれません。

 

様々な痛みに対して効果のあるロキソニンですが、服用することで副作用が出てくることはご存知でしょうか?

ロキソニンの副作用の中に腹痛がありますが、どうして痛み止めであるロキソニンを服用することで腹痛が出てくるのでしょうか。

 

ロキソニンを服用することで現れる腹痛や、その解決方法について紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

ロキソニンとは

ロキソニンとは消炎鎮痛剤です。病院で医師から処方される痛み止めとして有名な薬です。

現在は「ロキソニンS」という第1類医薬品ではありますが、薬剤師が対応した窓口であればドラッグストアでも購入できるロキソニンもあります。

 

病院で処方されるロキソニンにはジェネリック医薬品と呼ばれる後発薬があり、「ロキソマリン」や「ロキソプロフェンNa錠」など、様々な名前の物が各製薬会社から発売されています。

 

後発薬は先発薬と比べると価格も安価であることから、薬代を少しでも安くしたいという方は医師に相談してみるのもいいかもしれません。

 

副作用で腹痛が起きる?

どんな薬でも副作用が起こる可能性があります。ロキソニンにも副作用があり、その中に腹痛があります。

痛み止めを服用しているのに腹痛が出てくるって不思議ですよね。

その原因は、ロキソニン自体が胃の粘膜に影響するからです。

特にすきっ腹で飲むと薬が1か所にとどまってしまい、その場所が炎症を起こしてしまいます。

また、腹痛以外の副作用には、吐き気や消化不良、消化器出血、下痢やふらつきなどがあるようです。腸閉塞を引き起こすというような重篤な副作用の報告もあるようですが、そういった重篤な副作用が現れることは極めて稀です。

 

解決方法は?

もし、痛みが出現した際は直ちに服薬を中止して、医師に相談してください。

また、空腹時の服薬はできる限り避けましょう。

病院を受診して痛み止めが処方される時は、併せて胃腸薬が処方されることが多くなっています。必ず医師の指示に従って服用を行ってください。

あまり効果がないといって、時間を空けずに服用することは避ける必要があります。長期間服用することも胃にとって良くありません。

 

薬と上手く付き合っていこう

薬は使用方法をきちんと守ることで、その効果を得ることができます。ただし、人によって効果の出方は様々です。副作用が強く出る体質の人もいるかもしれません。持病との関係性も重要になってきます。

私は、喘息があるので、ロキソニンを服用すると喘息が悪化するので、服用することができません。

そういった持病との関係によっては重篤な副作用が出ると報告されているものもあります。

妊婦の方の服用は禁忌とされています。高齢者の方も副作用が出やすいことから処方は慎重に行うこととされています。

また、普段服用している薬との相互作用により、ロキソニンの服用を控える必要があります。

痛みの原因によってはロキソニンで痛みが緩和されないこともあります。

以上のことを踏まえると、独断でロキソニンを購入して服用せずに、かかりつけ医に相談することで、副作用が防げるといえます。

 

手軽に購入でき、効き目も良くて、携帯しやすいことから重宝されているロキソニン。効きしかし、決して万能ではないということを念頭においておく必要があります。

国によってはロキソニンを処方していない国もあるくらいで、よく効く薬ではありますが、反面、副作用にも十分に注意が必要となります。

そのため、効果と副作用の関係はしっかりと理解しておく必要があります。

 

しかし、適切に服用すれば、ここぞというときの助けになってくれることは間違いないので、薬と上手く付き合っていくことが大事になってきます。

 

きちんとかかりつけ医に相談する際に自分の持病や現在服用している薬を伝えることで、医師が自分に合った痛み止めを処方してくれます。

 

自己判断での服用が一番危険ということですね。

 

ロキソニンについては、

 

  • ロキソニンは効き目が良いが、胃の粘膜に影響が出て腹痛を起こす事がある。
  • ロキソニンを服用して腹痛などの副作用が出た場合は、直ちに服用を中止してかかりつけ医に相談する。
  • ロキソニンの副作用を理解した上で、きちんと用法・容量を守って服用していく。

 

以上の点をしっかり理解しておけば、とても心強い薬となります。

 

痛み止めを上手く活用して、頭痛の悩みを解消していきましょう。