リーガルV刑務所にいる守屋は何者?小鳥遊との関係は?

いよいよ最終章が近づいている「リーガルV~元弁護士・小島遊翔子」。

これまでいろんな依頼人と共に裁判を繰り広げてきました。

弁護士資格がなく自由奔放な小島遊翔子ですが、京極法律事務所のメンバーと一緒に、数々の裁判に打ち勝ってきました。

小鳥遊は以前、「Felix&Temma法律事務所」に属していたが、過去にある理由で弁護士資格を剥奪されている。暴力団との繋がりがあるなどと噂もされているが未だに真相わかっていません。

謎に包まれたままドラマは更に進んでいますが、今日はたくさんの訴訟と同時に裏で動き始めている、とても気になる“もう1つの秘密の案件”について調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

リーガルV刑務所にいる守屋は何者?小鳥遊との関係は?

刑務所にいる守屋とは、受刑中の守屋至(寛一郎)のことです。

なぜ刑務所入りになったかというと、過去に殺人刑で実刑9年がくだり現在刑務所生活中。人を殺した罪を償っている守屋でしたが、この裁判が起きた時の守屋の担当をしていた弁護士が小鳥遊翔子でした。

結果は、刑務所にいるということで実刑の判決をされたが、小鳥遊はどうも納得いっていない様子です。

そんなある日、小鳥遊はポチこと青島圭太弁護士(林遣都)だけに“秘密の案件”として情報を話し、依頼人となります。

青島弁護士に対して、小鳥遊が「どうしても負けられない戦いなの」と守屋に対して熱い感情をぶつけるには何か“深いワケ”があると重要人物とされています。

ドラマの合間に青島弁護士が守屋との面会のため刑務所に訪れるシーンが何度もみられています。内容としては、いつも守屋に対して小鳥遊がたくさんの裁判でどんな行動を取ってきたかなど、小鳥遊の報告をしているシーンがとても多いです。

一方で、必ずといっていいほど「Felix&Temma法律事務所」に属している白鳥美奈子(菜々緒)弁護士や、海崎勇人(向井理)弁護士が同じ場所に訪れているのも気になるところですが、ついに会長の天馬壮一郎(小日向文世)も守屋の元へ訪れているシーンがありました。

守屋は「Felix&Temma法律事務所」と何か繋がりがあるのでは?と視聴者さんの中でも噂されています。

 

今後の展開は?

青島弁護士が面会に来ても、青島弁護士の話だけが一方的にすすみ、口を開く回数が少ない守屋至でした。

小鳥遊の話や過去の裁判の話をしても、もう過去のことだと一方的に話を止めてしまったり、この話にはもう関わりたくない態度や、実刑が決まった以上もうどうでもいいような態度を見せつける守屋でしたが、今回いつも通り青島弁護士が悪質ブライダルの時の裁判の話を守屋に告げたあと、守屋から小鳥遊弁護士に会いたいと自ら口を開きました。

また小鳥遊は守屋が自分の意志で人を殺せるような人間ではない。とずっと信じ続けていました。なのでこの殺人には何か裏があると認識してる小鳥遊。

過去の裁判ではあるがもう一度この殺人の「真相「について突き止めようと行動を起こし始めています。

そんな小鳥遊と面会にくる青島弁護士に少しづつではありますが、守屋が心を開きはじめている様子も見受けられました。

しかし、小鳥遊と守屋の面会当日、小鳥遊が守屋との面会室へ入ろうとしたところに「Felix&Temma法律事務所」の天馬社長が出てきました。何やら臭わせるような登場に、さらに謎が深まるばかりです。

この事件には間違いなく「Felix&Temma法律事務所」が関与していると思わせるようなシーンでした。

過去に小鳥遊が弁護士資格を剥奪された問題とは、この守屋至の殺人事件についての裁判ではないか?とも予想します。

「負けられない戦い」というのは小鳥遊の弁護士資格もかかっているのでは?など最終章にむけていろんな展開予想にワクワクします。

守屋至は本当に殺人を犯したのか、それとも誰かに仕込まれて起きた事件なのか、いよいよ明らかになります!これは絶対に見逃せません!