リメンバー・ミーの犬ダンテは死んでる?犬種や猫は出ているのか

ディズニー映画やピクサー映画には、可愛らしい動物のキャラクターが登場し、毎回大活躍をしていますよね。

2018年3月に公開された「リメンバー・ミー」にも、ダンテという名前の犬が大活躍してくれます。

ダンテがどんな犬なのか、どんな活躍を見せてくれるのか。

今回は、ダンテの活躍をはじめとする「リメンバー・ミー」に登場する動物キャラクターついて紹介します。

 

スポンサーリンク

ダンテはすでに死んでいる?

ダンテはノラ犬ですが、主人公のミゲルの愛犬でもあります。

可愛らしく愛嬌たっぷりのダンテですが、ラストはミゲルと一緒に生者の国に帰らずダンテは死者の国で暮らし、1年に1度死者の日にヘクターを始めとするリヴェラ一家と共に戻ってくるというシーンで締めくくられています。

ここで皆さん疑問に思うのが「ダンテが亡くなるシーンがあったかどうか」ですよね。

死者の国に行けるのは亡くなった人のみ。

しかし実際に作中では、ダンテが亡くなるシーンはありません。

ミゲルはデラクルスのお墓からギターを盗み、その呪いから擬似死体となって死者の国に行くことができていますが、ダンテはなぜ死者の国に行くことができたのか。

それは、ダンテもデラクルスのお墓にあるお供え物を食べてしまったミゲルと一緒死者の国に行くことができたのです。

ですが、これだけだとダンテがミゲルと一緒に生者の国に帰らず、死者の国に残るラストシーンとはうまく噛み合いませんよね。

実は、死者の国では死者が道に迷ってしまわないように魂の案内人であるアレブリへという精霊がいます。

「アレブリヘになれるのは動物のみ」と作中で説明がありました。

初めからダンテはミゲルのアレブリヘであり、自分の身を犠牲にしてでもミゲルを守りながら死者の国で冒険を続け、無事にミゲルと家族を再会させたことにより、ダンテはカラフルな羽が生えたアレブリヘになったのです。

そして、死者の国で暮らしながら1年に1度ミゲルに会いに来るというラストシーンに繋がるのです。

 

犬種について

ダンテの犬種ですが、メキシカン・ヘアレス・ドッグと呼ばれる実在する犬種です。

リメンバー・ミーの舞台であるメキシコが原産で、メキシコでは通称ショロ犬と呼ばれており、「ショロイッツクゥイントリ」という正式名称があります。

メキシカン・ヘアレス・ドッグは名前の通り本当に毛のない犬種ですが、アメリカ大陸の中で最も古くから人間の関わっていた犬だと言われています。

昔といってもどのくらい昔から存在していたかというと、紀元前1400年から存在しており、証拠としてその年代のお墓からメキシカン・ヘアレス・ドッグの骨が発見されたそうです。

 

紀元前からいるとされているメキシカン・ヘアレス・ドッグは、番犬としての役割があり、不審者から家を守る目的以外にも家族を悪霊から守るために飼育されていたと言われています。

そして、神が遣わせた神の犬と扱われており死者の魂を導く存在として、飼い主が亡くなると死者の国で飼い主を守るために殉死し一緒に埋葬する風習がありました。

ここで気付くポイントとしては、メキシカン・ヘアレス・ドッグは「死者の魂を導く存在」であること。

リメンバー・ミーに登場するアレブリヘは「死者の国が迷わないように付き添う魂の案内人」です。

なぜダンテがアレブリヘになることができたのか、なぜダンテが死者の国に行くことができたのかを、実在するエピソードを基にしてしっかりと表現しています。

 

猫も出ている?

ダンテ以外にも死者の国ではいろんなアレブリヘの動物たちが登場します。

その中でもダンテの次によく登場するのが、イメルダのアレブリヘであるペピータです。

ペピータは死者の国では、体はジャガー、翼はワシ、尻尾はトカゲ、羊のツノなど、いろんな動物を掛け合わせたカラフルな見た目をしています。

しかし、死者の日に生者の国に行くときは猫の姿で登場します。

猫の姿のときに見える影が、死者の国の姿と似ているので少しだけ猫の姿のときのペピータを気にして見てください。

ペピータはイメルダのアレブリヘともあって、性格もイメルダそっくりです。

イメルダもペピータも、自分に強い自信を持っており自分に敬意を表すことを要求する強い性格をしており、どちらも猫のような性格をしていますね。

死者の国ではカラフルで巨大な姿をしているペピータがどのような猫の姿をしているかは、皆さんの目で確かめてみてください。

 

まとめ

可愛らしい見た目をしている犬のダンテについて紹介してきましたが、いかがでしたか?

リメンバー・ミーでは、ダンテ以外にも舞台となっているメキシコにまつわる伝統や文化を盛り込んでいます。

また今回紹介したイメルダのアレブリヘであるペピータ以外にも、さまざまな種類のアレブリヘが登場します。

是非どんな動物がアレブリヘとして登場しているか探してみてくださいね。