VAZ社長の年収はいくら?VAZは今後大きくなる有望企業?

 

youtubeには夢が詰まっています。そう思いながらyoutubeを観ることはありますか?

youtubeには一日にものすごい数の動画がアップロードされ、もはやテレビに取って代わるエンターテインメントになっているといっても過言ではありません。

テレビに出演する芸能人は主に芸能事務所に所属し、その事務所のマネージメントを受けて活動しています。

では、youtubeで活躍するyoutuberと呼ばれる人たちはというと、youtuberの方々も事務所のバックアップを受けて活動している方も多くなっています。

そんなマネージメント事務所に「VAZ」という会社があります。

VAZに所属するyoutuberで有名な方といえば、まず「ヒカル」が挙がってくると思います。

「ヒカル」といえばお金を豪快に使う動画で有名ですが、そのマネージエントを行う事務所

「VAZ」ってどんな会社でしょうか。

また社長ってどんな人なんでしょうか。勢いのある会社の社長っていうことは年収も気になりますね。

今回はマネージメント会社VAZ、VAZ社長について紹介していきます。

スポンサーリンク

VAZとは?

 

株式会社VAZの業務内容は所属するyoutuberのマネージメントだけではありません。

正しくはインフルエンサーマーケティングとしており、情報発信力があるインフルエンサーと企業を結びつけ、企業の宣伝を行っていくことが主な業務内容となります。

また、10代をターゲットにした美容系分散メディアの運営も行っています。

その他にも大卒の資格がない人を対象とした就職支援事業も行っているようです。

若者をターゲットとした人材を扱う会社であるといえますね。

 

VAZの社長は?

そんな株式会社VAZの代表取締役は「森 泰輝」といいます。

森社長はなんと、1990年生まれということで、現在28歳ととてもお若い社長さんです。

2015年に株式会社VAZを立ち上げて現在に至ります。

また、大学は早稲田大学だったという情報もあります。

以前はVine(今はもうないが、6秒で動画を作って共有するSNS)というサービスに目をつけて、6秒でお店を疑似体験できるというサービス「mikke」というサービスを立ち上げて運営していました。

しかし、この事業は失敗したようです。

その後、youtubeに目をつけてVAZを立ち上げたようです。

 

 

VAZの社長の年収

お若い森社長の年収が気になる方もいると思います。

所属するyoutuberが豪快にお金を使うので、社長も羽振りがいいのではないかと想像する方も多いと思います。

森社長について色々調べてみましたが、

森社長の年収について記載されているものは見当たりませんでした。

さすがに、簡単にはみつからないものです。

しかし、勢いがある会社なので、年収もかなり多いのではないかという想像は容易いと思います。

 

VAZは今後大きくなる?

森社長を中心に飛ぶ鳥を落とす勢いだったVAZですが、今後の展開からいうと簡単にはいかないと感じています。

ヒカルを中心とした所属youtuberがyoutuberマネージメント事務所の大手であるUUUM所属であるHIKAKINやはじめしゃちょーを超えていかなければならないと思います。

youtube関係の事業以外にも展開がみえるので、そっちの方でもある程度の結果を出して行かなければ、youtubeに代わる娯楽が出現した時に厳しくなってしまうのではないでしょうか。

しかし、早くからyoutubeに目をつけて、ここまでの会社にできた森社長ですから、流行を敏感に感じ取り、新たな一手を打つことができるのではないかと思っています。

また、VAZは所属するyoutuberが大炎上を起こした「VALU事件」の印象も少なからず残っていると思われます。

時間は経っているとはいえ、今後また「ヒカル」などの所属youtuberが暴走を始めるかわからないので、所属youtuberの管理がどの程度できるのか森社長の手腕にかかっていると思います。

 

まとめ

結果的に森社長の年収は、分かりませんでした。

しかし、VAZが企業として成長していくことで森社長の年収はどんどん跳ね上がっていくと想像できます。

そのためにも

  • youtube以外のメディアでの成功
  • その他の事業での成功
  • 所属タレントの管理

以上のことをしっかりと行っていくことでVAZは成長していくのではないでしょうか。

 

森社長はとてもお若い社長です。過去には事業に失敗しているようですが、人生まだまだこれからです。

 

人参をぶら下げて近づいてくる人間は多いと思うので、付き合っていく人間の見極めは大事になってくるでしょう。

 

若者を中心としたマーケティングを行っていくことで、新しい文化を創造していってくれると思うので、今後の活動も期待してしまいます。

 

インターネットの世界には様々な可能性が広がっています。そしてこれからも新しいサービスがどんどん出てくることでしょう。

 

常に時代の流れを感じ取り、新しい楽しみや生き方の支援をこれからも提供していってください。