YoutubePremiumでyoutuberの収益激減?今後はどうなる?

ついつい空き時間に観ちゃうYoutube。

もはや生活の一部になっている人は少なくないのではないでしょうか。

そんなYoutubeにYoutubePremiumというコンテンツが追加されたことはご存知でしょうか?

これまでYoutubeの再生回数に伴う収益からYoutuberとなって一攫千金を狙った人も少なくないでしょうか。

しかし、YoutubePremiumが追加されたことにより、一攫千金がさらに難しくなりそうです。

もしかすると現在活動しているYoutuberの収益にも影響しかねないYoutubePremium。

一体どんな機能が備わっているのでしょうか。

YoutubePremiumとは何か、現在活動しているYoutuberの収益が減ってしまう仕様?、Youtubeの今後についてみていきたいと思います。

スポンサーリンク

Youtubepremiumとは

YoutubePremiumとは、月額1180円でYoutube動画の広告を非表示にし、動画を保存することでオフラインで視聴することができるようになります。また、YoutubeMusicも使用可能です。

広告を非表示にてYoutubeの動画を視聴できることはYoutubeを日頃から使う人にとっては非常にありがたい機能になります。

また、動画をダウンロードできるようになるということは、WI-Fi環境下で観たい動画をダウンロードしておけるので、通信量の節約にもなります。

上手く活用すればスマホの料金の節約になりそうですね。

さらに、YoutubeOriginalでお気に入りのアーティストの特別な動画が視聴可能となります。

あと何気にうれしいのが、バックグラウンドで再生できるようになること。

これはYoutubeの動画をバックミュージック代わりに使用できるようになるというとてもとてもありがたい機能なのです。

私もブラウジングしながら音楽を聴きたいときが多々あります。本当に神機能です。

YoutubePremiumには普通の1180円の普通のプランの他に、最大6人で機能をシェアできる「ファミリープラン」も存在します。

ファミリープランは月額1780円とかなりオトクな価格となっています。

家族で登録を考えている人はファミリープランを検討してみてはどうでしょうか。

Youtuberの収益が激減する?

広告が非表示にできる機能を備えるということは、Youtubeで収益を挙げているYoutuberたちの収益って大丈夫なのか、という疑問が出てきます。

動画で挙げた収益を元に更に充実した内容の動画を提供していくYoutuberの収益が少なくなってしまえば、動画にかけるお金が少なくなることで、動画の質が下がってしまうのではないかと懸念されます。

 

しかし、どうやらYoutubePremiumの登録料が各クリエーターに分配されるようです。さらに再生回数が多いYoutuberにはより多く分配される仕組みとなっているようです。

これにより各クリエーターの収益が無くなることなく、これまでと同様にYoutube内で活動していくことが可能になりそうです。

しかしYoutuberによってはこれまでより収益が減少するYoutuberも出現するかもしれません。

 

 

Youtubeの今後について

Youtubeの今後についてはさらに、様々な機能やコンテンツが追加されていくことが想像されます。

しかし、Youtubeが抱える問題として、動画の質というものがあります。

簡単に収益が得られるということで様々な人がYoutuberとして活動することができました。

しかし、それが故に動画の質の悪さも目に付きます。

そこで、Youtubeが取った対策として、2018年2月から動画総再生時間やチャンネル登録者数に条件を設けて、簡単に収益化できないようにしました。

これにより、少ない登録者数でも収益を得ていたYoutuberは収益を得られなくなり、登録者数を増やすための努力をするか、Youtubeで稼ぐことを諦める必要が出てきました。

私は動画視聴者なので、より質の高い動画が視聴できるという点でとてもよい対策だったのではないかと思います。

文字だけの動画や、Youtuberみんなが「○○をやってみた」をやっていたように同じような内容の企画では勝負できなくなったので、良かったと思っています。

Youtuber同士のしのぎ合いでいい効果が生まれそうな気もします。

 

まとめ

以上まとめてみると

  • YoutubePremiumの開始に伴い、広告を非表示にできるという大きなメリットが得られるようになりました。
  • それに伴って、Youtuberの収益が少なくなるのではないかと懸念しますが、月額使用料がYoutuberに分配されることによって広告収入の代わりに収益が得られるようになりました。また、再生回数に応じて分配金も変わります。
  • 動画をダウンロードすることでオフラインでの再生が可能となりました。
  • バックグラウンドで再生できるようになりました。

 

以上です。

Youtubeで収益を得ることはだんだん難しくなってきていますが、可能性は無限に広がっているので、企画力に自信のある人はチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。